在宅介護・同行二人

08/8/16:加治木町「太鼓踊り」

08/8/16:加治木町「太鼓踊り」


pin.gif



今日は
加治木町の太鼓踊りだ。
昨年も父と見物している。
絶好の祭日和で無風、灼熱だった。

今年は、
天候の異変でやきもきの見物だった。
昨晩の予報は
曇り晴れだったが
深夜0時のスポット予報では
9時頃から晴れで
午後は雨の予報。


☆馬場での太鼓踊

いつもなら
父の体調を配慮して
昼頃の見物となるのだが、
午後雨の予報では
早目の方がいいかな。
旨いことに神社での奉納舞は8時開催
それを見て、
馬場での奉納舞を高見で見物し
街中の通りを流す祭りは
昨年も見た山形屋の前が良かろう。
と予定を組んだ。


☆馬場での太鼓踊




top/HOME


pin.gif



☆馬場での太鼓踊り
ユーモラスなキツネ踊り

朝5時起きたが
倦怠で結局6時となった。
父のオムツを替え着替えし、
朝食の介助で
7時前には終わった。
その着替えの最中、
またゲリラ豪雨で。

これでは早く出かけても
また雨に遣られるかなと
最初の予定通り
昼前の見物に切り替えた。
ま、
今タクシーで出かければ
8時の開催には
間に合うのだが、、

8時過ぎタクシーの予約をしに
近くの公衆電話に走った。
9時過ぎの電車で出かけようと
9時の迎えをお願いした。


☆馬場での奉納太鼓踊り
幼子も一所懸命付いて踊る

一雨あったおかげで涼しい。
8時半過ぎ父を車椅子に乗せ外に出し
爽やかな朝を眺めて貰った。
迎えの9時が過ぎたが
なかなかタクシーが来ない。
可笑しい、
これでは電車に間に合わない。
慌ててまた公衆電話へ走った。
出ていますが未だ到着しませんか。
どうやら場所を間違っているらしい。
いずれにっせよ、
この時間では電車には
間に合わない。


☆馬場での奉納太鼓踊り

電話が終わったら、
そのタクシーが来た。
路を案内し我が家へ。
父を乗せてた。時計は9時半。
次の電車は10時過ぎ、
これでは馬場での
踊り見物は出来ない。
そこでタクシーで加治木迄走ることにした。

馬場に着いたら、
これから祭りを開催するから
交通規制を。。。
とアナウンスが流れた。
間一髪で間に合った。


☆馬場での奉納太鼓踊り

父を馬場のよく見える
神社境内の土手へ運んで
太鼓踊りの行列を待った。
暫くしたら、
鐘や太鼓の音が近ずいてきた。
父も一所懸命に見ている。

4地区の奉納舞、
其々特徴があって愉しい。
4組一通り馬場を流し、
今度は神社に奉納となった。
とたんに、小雨が落ちてきた。
木陰なのでそう激しくは無いのだが、
濡れると風邪がぶり返す。
持参したポンチョを父に着せた。
暫くしたら止んだので踊りが再開した。


☆馬場での奉納太鼓踊り

2組位終わり掛けた頃今度は
ゲリラ豪雨が。。
当地ではこのような夕立風の豪雨を
「さだっ」と呼ぶ。
慌ててまた父に被せた。
今度は激しい。
結局午前の部はこれで終わりとなった。
暫くしたら青空が出てきた。


☆街中を通る奉納太鼓踊り

午後2時からは
街中を通って駅前の菅原神社で
奉納する。
先ず、
昨年も父と見物した大型ショップへ。
ここで父に
持参した流動食のお昼を介助し
購入した幕の内弁当を。


☆ショップ前で太鼓踊りを待つ


飲料水を多量に飲んで
結構満腹になった。
道路に面した外で
介助していたら暑くて堪らない
そこで
ショップ内の休憩室へ。
父は早朝早かったため
眠たいと、、
車椅子を倒したら微かな鼾が。
ここで太鼓踊りの通るまで
一時間以上時間を潰した。


☆街中を通る奉納太鼓踊り

行列が街中を通り
2時前に通りへ出る。
父の目の前を
鉦や太鼓の踊り連が通る。
赤と白のキツネも
ひょうきんな格好で父に囃し掛ける。
おどけた父も愉しそう。
通りの行列が終わった。


☆菅原神社での奉納太鼓踊り

このまま駅へ向う予定でいたが、
よく考えたら最終の菅原神社は
駅への通り道。
ちょっと寄り道でも
いいかなと神社へ。
舞は残り半分程だったが、
父も木陰で愉しんだ。


☆菅原神社での奉納太鼓踊り

今年は昨年と比べ
雨もあって曇り空、
涼しい風もあって
父にとっては和やかな祭見物だった。
今年も太鼓踊りを堪能した。

今月は後、
2回、この太鼓踊り見物が待っている。
この21日は蒲生八幡、
そして31日は吉松とえびのだ。
お天気次第だな。


☆菅原神社での奉納太鼓踊り

昨年は
この後鹿児島へ出て
錦江湾の納涼船で
花火見物をしたのだが、
今日は夕方雷雨とも。
仕方なく帰途に。
この駅では乗車出来ないので
一旦下りで隣駅へ出て
上りの電車を待って帰途に。


☆菅原神社での奉納太鼓踊り

駅へ着いた。
曇天で爽やかなので、
父が以前
あれは何だと不思議勝っていた
ハンズマン見物に。

父は昔は
箪笥や神棚等日曜大工で
よく作っていた。
案外これらの道具類を
見て昔が蘇るのではと。。

売り場を通ると
余の大きさ道具類の多さに目を
丸くしていたが、
懐かしい道具に合うと、、
やはり嬉しそうだった。


☆ハンズマン店内

今日は涼しいので
そのまま車椅子を押して帰った。
一時間余かかって帰り着いた
とたんに雷鳴が轟き
豪雨が振り出した。
いや〜間一髪だった。。
危なかったな。
鹿児島へ出なくて正解だったわ。


☆ハンズマン店内





太鼓踊り開催神社


top/HOME/NET