jisya-log

神社一覧 南九州


大穴持神社


大穴持神社


contents:

鎮座地/御祭神/神事・例祭/由緒/概要/考察/考察・蝦夷

鎮座地

pin.gif
■所在地:  鹿児島県霧島市国分広瀬3-1089 北緯31度42分53秒, 東経130度45分26秒 ■連絡先:  霧島市国分(0995-45-5111)   ■交通 : 鹿児島交通バス:国分〜鹿児島 西広瀬下車目の前


contents/ HOME

御祭神

No 神社名 位置所在 名称 祭神 摘要 備考
2 大穴持神社 本殿 大穴持
(大国主命・火山鎮護)
少彦名命
(大国主命の弟・温泉の神)

桜島・新島の噴火鎮護
末社 境内 日の神 不詳

天照大神?
末社 境内 月の神 不詳

月読神(スサノオ)?
末社 境内 稲荷大明神 宇迦之御魂神(倉稲魂尊) 大歳命

末社 境内 太田神社 猿田彦神


末社 境内 大王神社 不詳

牛頭大王?


contents/ HOME

神事・例祭

例祭名概要摘要
3下旬蝮祓い祭旧3/13
7吉日御神幸祭7月
7吉日六月燈祭
929例大祭
1119霧島大祭
11下旬霜月丑祭旧11月丑


contents/ HOME

由緒

pin.gif

続日本紀

■天平宝字八年(764)■ 十二月是月。  西方有聲。似雷非雷。  時當大隅薩摩兩國之堺。  烟雲晦冥。奔電去來。  七日之後乃天晴。  於麑嶋信尓村之海。沙石自聚。  化成三嶋。炎氣露見。  有如冶鑄之爲。  形勢相連望似四阿之屋。  爲嶋被埋者。  民家六十二區。口八十餘人。 ■天平神護二年(766)■ 六月己丑《五》◆己丑。 大隅國神造新嶋。 震動不息。 以故民多流亡。 仍加賑恤。
■宝亀九年(778)■ 十二月甲申  去神護中。  大隅國海中有神造嶋。  其名曰大穴持神。至是爲官社。
pin.gif

大穴持神社

地頭館を距ること 未方一里許り 小村の海邊に在り 祭神大己貴命 相殿左に少彦名命 右に大歳神 の三座なり 祭祀九月廿九日・十一月初丑日 延喜式、大隅國曾於郡大穴持神社 此社なり 延喜五年、正月 社司谷口某が呈状に 初め社は宮洲に在りて 神躰は石像なりとあり 今木坐像なり 其宮洲は今の社地を距ること 午方八町許りの海中にあり 前に出せる神造三輿の一 後海に没れ、潮退時は 徒歩すべしといへるもの是なり ・・・・・・・・・ ==== 図会 3-50 ====
■創建不詳 ■宝亀九年(778): 「続日本紀」に大穴持神見ゆ。 去神護中。大隅國海中有神造嶋。 其名曰大穴持神。至是爲官社。 ■延喜式(927) 大穴持神社 ■治安元年 (1021)  正五位下・藤原(税所)篤如・宮司職下向  (大隅正八幡、大穴持神社、霧島神社等)  税所を氏とし曽於殿と呼称さる  姫木太夫篤季が神主大宮職  重久、最勝寺、姫木、芦江、川畑、馬場、妻屋川は同族   ■弘化3年(1846): 島津藩造営 ■明治4年(1871): 県社 ■明治42年9月15日: 次を合祀  塩おかみ神社、住吉神社、田の神神社、  延喜式(927)にも出てくる古い神社。  大穴持神が御神体で、『おなんじさ〜』  と呼ばれ、蝮避けの神でもある。  鹿児島神宮の社伝によると  当初は、この噴火鎮護のための「祈祷所」を  鹿児島神社より勧請し創建したとある。  また、江戸時代の五社大明神の一社    当初は、噴火により新造された小島に鎮座


contents/ HOME

概要


由緒

拝殿

鳥居(国道に面している)

噴火で出没した小島?
バックは桜島

社殿

社殿

境内

境内

contents/ HOME

考察



  1. 祭神で「日の神」「月の神」は祭神不詳となっているが 多分記載の通だろう。 当初は「隼人族・古来の地主神」ではとの推論もあるが。
  2. また「大王」も不詳だがこれも 多分津島神社の牛頭天王だろうか。 猿田彦の線もあるが??
  3. 「せっぺとべ」の祭りで有名な日置八幡神社のお田植祭りは 神事が終わると「大王殿」と呼ばれる巨大人形のお下りがある。 この「大王」は?
  4. 大国主神は、朝鮮新羅系渡来の神だが、 隼人平定の為移住した宇佐系の建立か?、 隼人族古来の地主神を改宗したとも考察されるが、、
  5. 当初は、沖合い(錦江湾内)の神造島に鎮座していたが 後に、現在の場所に遷座されたとのこと。 ==>>続日本紀に記載の島はどうもその後沈下したらしい。
  6. また、当初は、鹿児島神社の祈祷所(火山鳴動鎮護) として設立されたようだ。
  7. この”神造島”は、1200年前(764)に 突如出現した島でその時の災害を鎮める為に 創建された。 ■宝亀九年(778)■ 十二月甲申  去神護中。  大隅國海中有神造嶋。  其名曰大穴持神。至是爲官社。 ==== 続日本紀  ====
  8. 昔から伝承の浜の市沖にある「神造島」ではないらしい。 ==>>この島は海底隆起により6000年前にできた。 ===>>出典:s44/鹿児島短期大学、二宮ますみ 調査
  9. とするとこの時噴火して出来た島はどこなのか? ===>>現在、桜島にある「鍋山」付近らしい。
  10. また、敷根沖には江戸時代に沈下した神社があるが この可能性は?

pin.gif
津軽から勧請とは
国分諸古記によると、 昔、奥州津軽山に鎮座。 西国の守護神となって下向された とある。
pin.gif

大穴持大明神

右大明神者 昔奥州津軽山江御安鎮被遊候処 為西国守護神下校下向可有御座旨 勅命を以常州込江庄主橘氏 宮永家上下二十五人二 神輿を守護仕籠下候 勅命を以常州込江庄主橋氏 宮永家上下二十五人 神輿を守護仕籠下候 日州串嶋沖 波風邪荒候得者 神力奇特共御座候 串嶋江御着船 其比串嶋之守護野邊氏人頼 十七日御滞留 夫福山御着候処 福山ニハハカシキ御船無之 陸地岡山を人数を催し 道作らせ敷根之様 御通被成候 夫より此道を 神割坂 と申候 俗ニ カメワリ坂 と申し候ハ アヤマリニテ候 坂ノ上ニテ 神供ヲ奉候 其上(大米)山ト千今申候 敷根御舟ニテ 隅州福瀬ノ渡ニ御着船 千時越保元年辛丑三月五日候 (「越保」年代は残欠で不明) 福嶋村御仮殿出来 其後小村江本宮作有之 御祭田過分相付 大宮司江ハ大屋敷為被下由 申伝候 ==== 古記 370-371  ====
そこで、 「大穴持神(大国主神)」 で津軽地方を検索してみたら 蝦夷平定のため勧請した神社がある。

======= 青森県神社庁 ======

大杵根神社

☆住 所  	弘前市田茂木町93 
 	
☆御祭神 	
  国作大己貴命
  事代主命
  天穂日命
  
☆例祭日 
七月十六日

☆由 緒
 大同二年征夷大将軍坂上田村麿勅命を奉じて、 
 北陸より陸奥の東夷を討伐の際、 賊の容易に退治し難きを知って、 
 当神社を勧請し、 
 神威を以って征伐せんことを祈誓し給ふといへども詳かならず、 
 其の時、 大杵根神社と称し奉る。
 
 元禄九年津軽藩主信政公の時今の地に社殿を建て安置し奉る。
  以後代々の藩公藩費を以て祭費営繕費を支出している。 
  明治六年廃社となるが、時の神主長利仲聴の念願により
  明治八年再建し私祭として無格社となる。 
  明治十一年一般衆庶の参拝願出の趣許されて普通の神社となる。
  
  南の熊襲(隼人)と北の蝦夷は 度々、朝廷と抗戦をし、平定のため 各地から配属されている。 また 知行不届き等で左遷されている。 この頃の左遷・配流先は 大抵南九州や東北だったことが伺える。

『続日本紀』巻卅四

宝亀七年(七七六)九月丁夘《十三》◆丁夘。

陸奥國俘囚三百九十五人分配大宰管内諸國。

=========================================================
『続日本紀』巻卅九

延暦六年(七八七)閏五月丁巳《癸丑朔五》◆閏五月丁巳。

陸奥鎭守將軍正五位上百濟王俊哲坐事左降日向權介。

==========================================================
『日本後紀』巻三逸文
(『類聚国史』一九〇俘囚・『日本紀略』)

延暦十四年(七九五)五月丙子《十》◆丙子。

配俘囚大伴部阿■良等妻子親族六十六人於日向国。
以殺俘囚外従五位下吉弥侯部真麻呂父子二人。◆■て。

===========================================================
『日本後紀』巻八

延暦十八年(七九九)二月乙未《廿一》◆乙未。

流陸奧国新田郡百姓弓削部虎麻呂。
妻丈部小廣刀自女等於日向国。

=================================================
『続日本紀』巻卅

神護景雲三年(七六九)十一月己丑《廿五》◆己丑。

陸奥國牡鹿郡俘囚外少初位上勲七等大伴部押人言。
傳聞。押人等本是紀伊國名草郡片岡里人也。
昔者先祖大伴部直征夷之時。到於小田郡嶋田村而居焉。
其後。子孫爲夷被虜。歴代爲俘。幸頼聖朝撫運神武威邊。
拔彼虜庭久爲化民。
望請。除俘囚名。爲調庸民。
許之。

このような出典から、 推測の域は出ないが あるいは、 日向辺りから当地へ配置換えになった者も あったかもしれない。

pin.gif
秀真伝(ほつまつたえ)
では、 なぜ津軽地方に 「大国主命」 が祭祀されるように なったのだろうか。 津軽地方には 秀真伝(ほつまつたえ) と呼ばれる 古代伝承があるそうな。
秀真伝(ほつまつたえ) 国学者の平田篤胤が 懸命に捜索したが、 ついに発見できなかった 幻の書とされる 津軽神話によれば 多賀に アラハバキ王 のハララヤが 置かれたという 伝承があり、 また 聖地を 「壺」とする ホツマ伝承と、 坪の石文伝説 (東北のどこかにある とされる日本中央の碑) との関連があるそうだ。 ホツマでは 古代の津軽は 「日隅(ヒカル)の国」 と云われ、 国譲り後の大国主命が 津軽のアソベの森に 家臣180人と共に移り住んだ と伝承されているそうだ。
中津軽郡岩木町には オオナムチの娘のタカテル姫 を祭祀する 国重要文化財の 高照神社(中津軽郡、青森) がある。 津軽の神社の詳細は 青森県神社庁

pin.gif
結局のところは
年代西暦摘要備考
宝亀七年776陸奥國俘囚三百九十五人
宝亀九年778其名曰大穴持神。至是爲官社
延暦六年787陸奥鎭守將軍正五位上百濟王俊哲坐事左降日向權介
延暦十四年795配俘囚大伴部阿■良等妻子親族六十六人於日向国。 以殺俘囚外従五位下吉弥侯部真麻呂父子二人
延暦十八年799流陸奧国新田郡百姓弓削部虎麻呂。 妻丈部小廣刀自女等於日向国
大同2年807大杵根神社創建
  1. 時系列に並べてみたが 官社として「大穴持神」を勧請した2年前に 陸奥国から395人と云う多人数が大宰府預けになっている。 あるいはその中の数名が当地へ。
  2. また、その後日向へ配流された者が 当地へ来たとも考えられる。
  3. 陸奥国から勧請したと言う伝承だが、 参照にした「大杵根神社」の創建は 当地の大穴持神社より新しいから その線はなさそう。
  4. 但し、それ以前の勧請社が出れば 話は別で面白くなるのだが。


contents/ HOME

pin.gif
大穴持神について
伊予國風土記逸文大穴持命 についての記載がある。
pin.gif 伊予國風土記逸文 湯郡 伊社邇波岡  [伊予國風土記曰]  湯郡.  大穴持命,見悔恥而宿奈?古那命, 欲活而,大分速見湯,自下樋持度來, 以宿奈?古那命而,漬浴者, 暫間有活起居.然詠曰: 「真暫寢哉.」踐健跡處, 今在湯中石上也. 凡湯之貴奇,不神世時耳, 於今世染疹痾万生,為除病存身要藥也.  天皇等,於湯幸行降坐,五度也. 以大帶日子天皇與大后-八坂入?命二?, 為一度也. 以帶中日子天皇與大后-息長帶?命二?, 為一度也.以上宮聖コ皇子, 為一度,及侍高麗惠辭僧?葛城臣等也. 于時,立湯岡側碑文. 其立碑文處,謂伊社邇波之岡也. 所名伊社邇波由者,當土諸人等, 其碑文欲見而,伊社那比誘び來. 因謂伊社邇波,本也.  碑文記云:   法興六年十月, ?在丙辰,我法王大王與惠慈法師及葛城臣, 逍遙夷與村,正觀神井, 歎世妙驗,欲敘意,聊作碑文一首.   惟夫,日月照於上而不私. 神井出於下無不給. 万機所以妙應,百姓所以潛扇. 若乃照給無偏私, 何異于壽國.隨華台而開合, 沐神井而?疹.?舛于落花池而化羽. 窺望山岳之巖?,反冀平子之能往. ?樹相?而穹窿,實想五百之張蓋. 臨朝啼鳥而戲哢,何曉亂 音之聒耳.丹花卷葉而映照, 玉菓彌葩以垂井.經過其下, 可以優遊,豈悟洪灌?霄庭意歟.   才拙,實慚七?.後之君子,幸無蚩咲也.  以岡本天皇并皇后二?, 為一度.于時,于大殿?,有椹與臣木. 於其木,集止鵤與此米鳥.天皇為此鳥, 枝?稻穗等,養賜也. 以後岡本天皇,近江大津宮御宇天皇, 淨御原宮御宇天皇三?, 為一度.此謂行幸五度也.   譯注:大穴持命悔恥,欲活少?名命, 而自下樋持渡大分速見湯, 漬浴少?名命,暫間有活起居. [云云]凡湯之貴奇,不僅神世時耳, 於今世染疹痾万生,亦除病存身之要藥也. [云云]當土諸人等, 欲見其碑文而誘來(音-伊社那比), 因謂伊社邇波,此本?也. [云云] 大帶日子天皇者,景行天皇也.帶中日子天皇者, 仲哀天皇也.息長帶?命者,神功皇后也. 法王大王者,聖コ太子也.平子者,即詩人張平子, 後漢張衡也.岡本天皇者,舒明天皇也,其后- 皇極天皇.後岡本天皇者,齊明天皇, 即皇極天皇也.近江大津宮御宇天皇者, 天智天皇也.淨御原宮御宇天皇者,天武天皇也. =========================== 前田家本『釋日本紀』卷十四「幸于伊予?湯宮」條 冷泉家本『万葉集註釋』卷第三,三二二番歌條 仁和寺本『万葉集註釋』卷第三,十二?三二二番歌條
pin.gif  

故此大國主神

娶坐胸形奧津宮神多紀理毘賣命 生子阿遲【二字以音】[金且]高日子根神 次妹高比賣命亦名下光比賣命  此之阿遲[金且]高日子根神者今謂迦毛大御神者也  大國主神 亦娶神屋楯比賣命 生子事代主神     亦娶八嶋牟遲能神【自牟下三字以音】之女鳥取神 生子鳥鳴海神【訓鳴云那留】   此神娶日名照額田毘道男伊許知迩神【田下毘又自伊下至迩皆以音】   生子國忍富神   此神娶葦那陀迦神【自那下三字以音】亦名八河江比賣   生子速甕之多氣佐波夜遲奴美神【自多下八字以音】   此神娶天之甕主神之女前玉比賣   生子甕主日子神   此神娶淤加美神之女比那良志毘賣【此神名以音】   生子多比理岐志麻流美神【此神名以音】   此神娶比比羅木之其花麻豆美神【木上三字花下三字以音】之女     活玉前玉比賣神   生子美呂浪神【美呂二字以音】   此神娶敷山主神之女青沼馬沼押比賣   生子布忍富鳥鳴海神   此神娶若晝女神   生子天日腹大科度美神【度美二字以音】   此神娶天狹霧神之女遠津待根神   生子遠津山岬多良斯神  右件自八嶋士奴美神以下遠津山岬帶神以前 --------------------------- -------------------------------------------------------------------------------- 稱十七世神故大國主神坐出雲之御大之御前時自波穗乘天 之羅摩船而内剥鵝皮剥爲衣服有歸來神尓雖問其名不 答且雖問所從之諸神皆白不知尓多迩具久白言【自多下四字以音】此 者久延毘古必知之即召久延毘古問時答白此者神産巣日神之 御子少名毘古那神【自毘下三字以音】故尓白上於神産巣日御祖命者答告 此者實我子也於子之中自我手俣久岐斯子也【自久下三字以音】故與汝 葦原色許男命爲兄弟而作堅其國」故自尓大穴牟遲與少名毘古 那二柱神相並作堅此國然後者其少名毘古那神者度于常世 國也故顯白其少名毘古那神所謂久延毘古者於今者山田之曾富 騰者也此神者足雖不行盡知天下之事神也於是大國主神愁而告 吾獨何能得作此國孰神與吾能相作此國耶是時有光海依來 之神其神言能治我前者吾能共與相作成若不然者國難成尓 大國主神曰然者治奉之状奈何答言吾者伊都岐奉于倭之青 垣東山上此者坐御諸山上神也  故其大年神 娶神活須毘神之女伊怒比賣 生子大國御魂神 次韓神 次曾富理神 次白日神 次聖神【五神】 又娶香用比賣【此神名以音】 生子大香山戸臣神 次御年神【二柱】 又娶天和迦流美豆比賣【訓天如天亦自和下六字以音】 生子奧津日子神 次奧津比賣命亦名大戸比賣神此者諸人以拜竃神者也 次大山(上)咋神亦名山末之大主神     此神者坐近淡海國之日枝山     亦坐葛野之松尾用鳴鏑神者也 次庭津日神 次阿須波神【此神名以音】 次波比岐神【此神名以音】 次香山戸臣神 次羽山戸神 次庭高津日神 次大土神亦名土之御祖神【九神】  上件大年神之子自大國御魂神以下大土神以前 并十六神 羽山戸神娶大氣都比賣神【自氣下四字以音】 生子若山咋神 次若年神 次妹若沙那賣神【自沙下三字以音】 次彌豆麻岐神【自彌下四字音】 次夏高津日神亦名夏之賣神 次秋毘賣神 次久久年神【久久二字以音】 次久久紀若室葛根神【久久紀二字以音】 ==== 古事記 =====
大穴持神社の祭事に 「蝮蛇(マムシ)除き」があります。 これの出自はここでしょうか。
pin.gif 又この小村には 麻を栽ることを禁ず 又蛇生せず 古来當社より蝮蛇(マムシ)を除く 神符を出す、奇験あり 谷口世々社司たり ===== 三国名勝図会 3-53 ====
昭和30年代までは、 海浜の沼地や山間部の湿地帯には マムシの巣がありました。 湯治場では時々蝮にかまれたと 治癒に日参される方も。 昨今の宅地造成で姿を消して 久しいです。 往古は、 蝮も多かったことでしょう。 錦江湾に火山噴火で 島が出現したとなれば、、 その近辺では 火山性のガスも噴出していたことが 推察されます。 亜硫酸ガスら毒性のガスで その地域のマムシらも根絶し たと推察されます。 火山の鎮護勧請した 「大穴持神」の ご加護と 余計崇拝したことでしょう。 伝承の「大穴持神」が蝮にかまれた の出自は見出していません。 神符の神威高揚のための伝承でしょう。


contents/ HOME